夏の花たち その8

今朝は、秋になったっと思った日でした
温度や空気が、あきらかに夏とは違って感じました♪
で、あわてて

このシリーズラストは、ゆり』 

「すかしゆり」?だったかな?
ゆりもたくさん種類があるので、なんとなくそれ風的な(~_~;)
画像


画像



こちらは、「てっぽうゆり」だったと思います(~_~;)
かなりリアルなサイズに近い作品です。
画像


画像


画像



ゆりは、葉っぱがたくさんついているので、
それを再現するために、かなりの枚数を制作しました。
何本も制作したら、ゴージャスになりそうだなぁ~
と思いつつ、思いつつ、思いつつ………



こちらは、『ゆり』ではないですが、
これも、ひたすら葉っぱを作ったなぁ~と思い出し、
ついでにUPしちゃいます♪
『リューカデンドロン』
画像


画像


この作品は、はりきって3本制作しました
葉っぱばかり、70枚近くつくったのかな???
制作しているときは必死なので、やれちゃうんですけど、
あとあと考えると、自分でもびっくりします(~_~;)

作業的には、同じビーズのメートル数でも、
小さいものを何枚もより、
先日制作した、アンスリウムの葉のように
大きな葉っぱを数枚の方が、作業は早く終わります

いづれにせよ、ビーズフラワーは忍耐?も必要です






この記事へのコメント

2010年09月09日 19:25
ユリの花、素敵~!おしべがリアルですね。
リューカデンドロン・・・?思わず検索してしまいました。花言葉は「物言わぬ恋」だそうです名前からは想像できませんね。KUMAさんのブログ、花の勉強になります
2010年09月11日 18:36
>ゆみさん
ありがとうございます
私自身も、花を制作することにより、
花の名前を徐々におぼえました♪
たまに、ド忘れしちゃいますが(^_^;)
必死に制作するので、しっかり記憶に残ります
リューカデンドロンの花ことば、
なんだか素敵ですね

先日、やはり、“オペラ観賞”ありました
素敵だったと感動して帰宅した娘です♪
ホント、松本ではいい経験ができてます。
来月の浜松行きも、ドキドキですね

この記事へのトラックバック